既婚・30代の私が、あくまでも自分の目線に移るものについて書いています。



プロフィール

mana

  • Author:mana
  • FC2ブログへようこそ!



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング

FC2ブログランキング



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「DEATH NOTE」映画版
映画を見終って思ったことは

基本的に「漫画とは別物」ってことです。

どちらかというと、良い意味で。


映画のストーリーはかなり詳しく公式サイトに載っているので

気になる方はご覧下さい。

(事前に知らなくても、全然問題ないです)



私は、現在コミックで発売されているものは全部読んだので

(立ち&漫画喫茶で…ですが)

「この恐ろしく理屈っぽくて、


ほとんどが主人公が頭の中で考えたこと&


セリフだらけの漫画
を映画に?!」


と非常に驚き、デビルマン並みの危険な匂いを感じました(笑)


でも、結果的にはかなり上手に縮小されて

原作のアイディアとか世界観がうまく入ったんじゃないかと思います。

まぁ、私はあんまり漫画の方に思い入れないので

原作が大好きな人の感想とは違うかも知れませんが。



配役も、漫画の絵のイメージからすると

藤原竜也が月ってことや

加賀丈史が月のお父さんってのはどーなの?!

ミスキャストでは?と思っていましたが

まったく気にならずに、映画のデスノートの世界にはまってました。



オリジナルキャラクターの詩織(月の彼女役)も

漫画の内容を短縮して後半につなげるために

すごく分かり易い存在として、活きていた感じです。


観る前に、漫画そのものに思い入れのある人が

かなり批判的コメントをされているのを観たので

全然期待してなかったから…それも良かったのかな?



リュークの声、中村獅童さんだったんですね。

エンドロールで観るまで分からなかった。


リュークのCGはリアル…というか漫画のキャラとか動きに似てて

面白かったです。

後編では他の死神とか、死神の世界も出てくるのかなぁ。

観てみたいです。


ちょっとだけだけど、エンドロールの後におまけがあります。


日本映画だし、CG少ないせいかエンドロールも短いので

レッチリの音楽聞いてる間に、すぐ終わりますよ。

せっかくだから最後まで観ることをおススメします。



人が人を裁くことの限界に失望した月が


デスノートを使い、世界をどう変えていくのか。



二人の天才、その対決の結果は…正義とは?



原作はすでに完結しているみたいなので

映画がどういう結末になるのか?

今から楽しみです。













スポンサーサイト

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。