既婚・30代の私が、あくまでも自分の目線に移るものについて書いています。



プロフィール

mana

  • Author:mana
  • FC2ブログへようこそ!



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング

FC2ブログランキング



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「産む機械」発言に思うこと
柳沢厚生労働大臣の「産む機械」発言が

なんかグダグダのまま、いまだにくすぶっていますね。


正直、この話を最初に聞いたとき

「じいさんが、

うまいこと言おうと思って失敗しちゃったんだな」

と、割と冷めた目で見ていました。


野党の女性議員が、勝手に女性の代表を名乗って

えらそうに騒いでいるのも、かえって見苦しいと思ったし。


どうして野党は、ああいう攻め方しかできないんでしょうか?

失言したから、大臣辞めろ!とかじゃなくて

もっと「少子化の原因を何だと思っているのか」の点を突っ込んで

柳沢大臣が

問題の根本を理解していないことを証明して

誰もが納得する形で、「大臣の適正無し」とアピールしたほうが

効果があると思うんですけど。


そもそも、この前後の文脈を読めば

「女性=産む機械」ということを言いたいわけじゃない


それは、どの番組でも日本人の国語力低下を嘆くふりして

「俺はカシコイ」をアピールしてる

橋本弁護士じゃなくても分かります(笑)


ただですね。

どうも、野党の攻撃がイマイチなものだったこともあり

柳沢大臣をかばう人が増えて来たことには、違和感を感じるんですよ。


本来、比喩というのは物事を分かり易く表現する手段です。

対象となる物や現象・人に対して、物事を簡略化し

主に、聞く相手により実感を持ってもらうために利用されます。


少子化問題に取り組まなくてはならない立場の大臣が

少子化の原因・対策を語るにあたって

出産できる年齢の女性を「産む装置」とたとえる必要性がないのに

なぜ、あえてその言葉を使ってしまったのか。


機械的な、という比喩を人間に対して使うことはある。

それ自体、何がいけないのか。事実じゃないか。

そういう意見の人もいます。

ですが、優れた野球選手に「安打製造機」とか

キャッチフレーズをつけることと

出産する機能を持っているのは女性なんだから「産む機械だ」と

表現することが同じ比喩に含まれるのか?といえば

全く別物だと思います。

なぜなら、機械という言葉の持つ響き・意味合い

女性が行う出産という行為の内容がかけ離れているから。


機械は、物を簡単に安定して量産できるイメージ。

だけど、出産は一つ間違えば、母体も子供も死に至る危険なものです。


最近、産婦人科がどんどんお産の扱いをやめているのを

大臣は知っているのでしょうか?

出産がコントロールできないものであるがために

産科医は勤務時間の制限がはっきりせず、非常に激務であることや

何か不幸があったときに、訴訟を起こされる件数が多いからです。


こういう現状があるのに、産める年齢の女性を「産む機械」だの

装置だ、という比喩を使って表現したことは大したことじゃない、

といえるのでしょうか?

男は種を機械に入れて、後は肉体的には何もしないですよね。

女は、最初の2~3ヶ月は悪阻に苦しみ吐いたりして

後はどんどん巨大化するお腹と胎児の重みに半年ほど耐えて

最終的には命をかけて、血みどろで子供を生むわけです。


大臣は、女性の出産がどれだけ肉体的に過酷か全く理解してないので

ついつい普段思ってること、言っちゃったんじゃないでしょうか。


不妊などに悩む人だけじゃなくて、大変な思いをして出産した女性が

失礼だと怒ることは、正常な反応だと思います。



そして、ふさわしくない比喩を使っただけではなく、

最終的には「女性に頑張ってもらうしかないって。




お前が、先に頑張れ(笑)



少子化問題って、さまざまな問題が絡み合った

複雑な問題ですよね。


それを、ふさわしくない比喩を使っただけじゃなくて

女性が頑張れって、オイ。


セックスレスに悩む人や、不妊・不育問題を知らないの?

検査や治療のほとんどが保険適応外である上に

何十万、何百万も払って治療していても、子供ができない人もいるし

金銭的な問題で出産・育児をためらう人もいる


産まない選択をしている人は別として、

「産みたい」という健全な(笑)思想を持つ人をサポートするための

制度がほとんど整備されていない
現状で

一人頭、頑張れないですよ。


柳沢大臣は、絶対に少子化の原因を勉強していませんから

理解しているのは、数値の変化だけです)

こういう人に大臣を続けて欲しくないっていうのは

普通の感覚だし、

大臣の言葉から、ちゃんと真意を読み取っている

と思います(笑)


そして、もう一個思うことがあるので

それは明日。





↑失言したからじゃなくて、発言内容に怒っている人はぜひ☆



       
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント
おっしゃっていること、同感です。

柳沢大臣は、発言の文脈で語っていた2030年にはもういないだろから、たぶん日本のことはどうでもいいんだろうなぁ、という気さえしました。

野党の責め方、マスコミのクローズアップの仕方が何か真意を表現出来ていないために、辞任論は徐々に薄まってきた感もありますが、こんな何もわかっていない、分かろうともしていないオヤジが厚生労働大臣だなんて、ほんとうに国として恥ずかしいと思いますね。
【2007/02/13 13:25】 URL | 27歳女 #-[ 編集]

27歳女さん、コメントありがとうございます。

確かに!自分がもう70歳だから
あんまり真剣に考えていないのもあるでしょうね。
年金制度を作った人が「年金は(自分達が)自由に使える金だ」
というような発言をしていたそうですし
政治家には期待できない・・・とがっかりしています。

柳沢大臣は、産科医が減っている理由も
「女性のせいだ」って発言したみたいだから
選挙までせいぜい問題発言を増やして
議席減らしに協力してもらいましょう(笑)
【2007/02/14 15:29】 URL | mana #-[ 編集]

「頑張ってもらうしかない」
私も、本当のツッコミドコロは↑だと思います。

でも、ここを批判している人ってblog界ですら少数派みたいですね。国会の中には皆無みたいだし…
【2007/02/15 09:09】 URL | koz #mQop/nM.[ 編集]

kozさん、コメントありがとうございます。

あまり人のブログでこの件を読んでいないので
他の人がどういう内容を書かれているのか
わからないですけど・・・。

「言葉全体から与えられる印象」をみて怒っている人も、
柳沢大臣の「言葉に含まれるおかしさ」を、
ちゃんと感じているのだと思います。
国民は、それでもいいと思うんですよ。

でも、議員はそれじゃダメですよね。
女性の代表であるはずの人が(笑)
バカの一つ覚えみたいに、
機械・辞任・機械・辞任って言っててもねぇ。

ただ、民主の女性議員が結構突っ込んだみたいですよ。
大臣の返答は、ちょっとズレ気味で、中身の濃い討論にはならなかったらしいけど・・・。
メディアは使いたいところしか報道しないので
あまりTVでは流れていませんが、
国会中継を全部見たら、それなりに議論はあったらしいです。

私には、そんな苦行はできそうにないですけどね(笑)
【2007/02/17 16:44】 URL | mana #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。